適合リノベーション住宅R4

最近は、リノベーションと言うことが一般的に行われるようになりました。そのために紺もリノベーションに関して、一定の基準を設けるようにされました。これの基準をクリアしている住宅のことを、適合リノベーションというのです。そんな適合リノベーション住宅も、対象物件によって細かく区分がなされています。そこでここではR4住宅と言う区分について詳しく検討していきたいと思います。

 

 

R4住宅とは、どんな物件が対象?

 

R4住宅とは、オフィスを住宅へ、など用途変更をした住宅が対象とされています。そのために以前の用途と違う目的でリノベーションが行われた物件に意はR4住宅と呼ばれることになります。

 

 

リノベーションとは?

 

住宅改修には、原状回復が目的で行われるリフォームと、住まいを包括的に機能や価値を高めることを目的とされたリノベーションがあります。R4住宅の場合は、まさにリノベーションのコンセプトが大きく反映されている物件であるといえます。今までの用途から新しい用途へと生まれ変わるための改修工事なのです。

 

 

リノベーションの基準が一定かされた背景

 

今までリノベーションについて一定の基準が備わっているなどのことはありませんでした。そのためにリノベーションのレベルに関係なく、一くくりにリノベーション住宅として取り扱われていました。しかしこのR4住宅のように適合リノベーション住宅と言うものが表れることで、品質の確保と情報開示が行われ、保証もあることで、よりリノベーション住宅を購入する人が安心して物権を購入できるようになりました。安心して暮らすことができるのが、適合リノベーション住宅であるといえます。

 

 

どのようにして適合リノベーション住宅になれるか?

 

定められた計画な検査が行われ、その上で必要な改修工事が行われます。工事の記録は住宅履歴情報として保管され、点検やメンテナンスに用いられます。さらに最大2年間のアフターサービス保証がついてくることになっています。リノベーション住宅推進協議会により定められた指針に従ってリノベーションされた物件を、適合リノベーション住宅と呼ぶのです。

 

 

適合リノベーション住宅の区分

 

統一規格ごとに5つに区分されています。R1からR5まであるのです。これらを定められた基準をもとに、検査・工事が行われ、報国まで行われてはじめて適合リノベーション住宅となることができるのです。現在は今あるものを大事にするという意識が強いです。そのために適合リノベーション住宅の対象物件は増えていくものと予想されます。