リノベーション住宅マンション | Q&A

住宅やマンションに長年住んでいる人は、リノベーションを検討しているかもしれません。そんなリノベーションについてですが、多くの不安や疑問があることでしょう。そこでここではリノベーション住宅やマンションに関して、よくされる質問についていくか取り上げて考えてみたいと思います。

中古マンションでリノベーションできる範囲にはどのようなものがありますか?

マンションには専有部と共用部があります。まず自分の力でリノベーションをすることができる範囲は、専有部分内になります。この専有部とはどこまでのはんいを指しているか?というと、所有の室内のコンクリートの内側となります。つまり玄関ドアやサッシの部分になると個人の趣向でリノベーションをすることはできないとなります。玄関ドアとサッシは共有部分です。どうしても交換をしたいのであれば、管理組合で許可を必要とします。ただしそこにもマンションなどで決められたデザインなどがあるので、それに従う必要があります。ただし玄関の鍵交換、玄関ドアの内側の塗装はかのうです。

 

リノベーションできない物件はありますか?

リノベーションできない可能性が高いのは。マンションです、基本的にマンションにはさまざまな決まりごとがあります。そのためにリノベーションのできる範囲は、マンションごとに異なります。たとえば構造により間取り変更不可、電気容量が決まっているなどリノベーションをする際に、障害となることもあります。前もっての確認をすることが大事です。リノベーションをすることを考えて、マンションを購入する際にはプロとともに下見に訪れて、リノベーションができる範囲を確認してから、購入に踏み切るようにしましょう。

 

 

水まわりはどこまで移動することができますか?

水周りのリノベーションはとても人気があります。特に最近はアイランドキッチンなども流行しているので、アイランドにしたいなどの要望があると思います。ただしそんな水周りの移動はどこでもできるわけではありません。排水がきちんとできるか?つまらないか?など、目に見える問題以外にも、検討すべきことはあります。設計が大きく変えるということにはそれなりのリスクがあるということを覚えておきたいものです。全く移動できないということではありませんが。機能と言うことだけに焦点を合わせて話をすると、大幅な移動はしない方が無理のない機能的にトラブルの少ない水周りになります。