一般社団法人リノベーション住宅推進協議会

一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会という法人について知っていますか?国内初となるリノベーション団体なのですが、どのような団体なのかを具体的に見て生きたいと思います。

 

来るストック型社会のために

 

リノベーションとは、家を修理・改善してからその家の価値などを高めることを指しています。日本では家は古くなればなるほど価値が下がっていってしまうのが、現状です。しかしながら今は物資を大事にしようという働きが盛んに行われている時代です。そんな時代が進むと家に対する考え方も変化してくることでしょう。

 

 

一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会の目的

 

利用者からみて、安心で分かりやすいリノベーション住宅の環境づくりをすることを目的としています。リノベーションについての定義がバラバラで、消費者にとっては安心して選ぶことが難しいというデメリットを抱えていました。そこで技術・品質という面で統一基準を作り、住み手が求める住宅履歴情報を提供しています。

 

 

リノベーション住宅推進協議会の特徴

 

特定業種だけでルールづくりをすると、基準もばらばらになってしまい、一定の品質を保ちにくい状態になります。そこを改善すべくリノベーション住宅推進協議会では、住まいに係る様々な専門業種が集まり、業種の枠を越えた活動をすることで、より高品質なリノベーション住宅を目指しています。

 

 

優良リノベーション住宅とは?

 

検査・適合確認の報告、履歴・保証などを、リノベーション住宅のスタンダードして、これらの行為を施された住宅のことを、優良リノベーション住宅として定義されています。この優良リノベーション住宅は種別によってI型からV型までに分類されています。優良リノベーション住宅は、安心して中古の家でも購入する助けとなっています。

 

 

リノベーション住宅推進協議会の活動

 

リノベーションによる既存住宅流通の活性化とともに、リノベーションに関する技術水準や品質の向上、リノベーションに関する普及・広報活動、リノベーションに関する情報の収集及び提供、リノベーションに関する関係団体等に対する協力、要望、及び提言
などを行い、日本の住まいに関する意識を変えることを目的としています。

 

 

相談先もわかる

 

適合リノベーション住宅をさがしたい、または適合リノベーション住宅を作れる相談先を知りたいということもできます。より質の高い住宅のために、よい情報を得ることができるのです。