リフォームとリノベーションとの違い

リフォームとリノベーションという言葉は、最近多く使われるようになりました。そのために親しみのある言葉になってきているのではないでしょうか?この2つの言葉ですが、大変似た言葉です。音も似ているために、混乱してしまう人がいます。そこでここではリフォームとリノベーションの違いについて検討してみたいと思います。同じような意味に感じる言葉ですが、どのような違いがあるかを調べます。

 

 

それぞれの定義

 

まずはリノベーションについて考えて見ましょう。建物の持つもともとの性能以上に新たな付加価値を再生させることという定義がなされています。リフォームは、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことをさしています。

 

 

リノベーションとは?

 

定義でわかるように、リノベーションにただの修理という意味以上のことが含まれて射ます。多くの場合は、骨組みだけのスケルトン状態にすることから始まります。なぜならば間仕切りの変更や水廻りの配管を移動したり、構造補強などの大規模な工事を必要とするからです。建物の用途までは変更しないものの、建物の性能を向上させるという働きもあります。リノベーションの意味は、少し広い意味で使われていることがあります。ちなみに建物の用途を変更することは、コンバージョンと呼ばれています。

 

 

価値を高めるリノベーション

 

リノベーションは、大規模な改修工事を行うことで、性能を上げてその建物の価値を上げるという意味合いも含んでいます。つまり時とともに、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えを行わずに修理。改修することです。たとえば耐震性・防火安全性・耐久性の向上、IT化、外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備などがリノベーションといえます。

 

 

リフォームとは?

 

リフォームとは比較的、小さな工事に関して用いられる言葉です。つまり機能の向上などではなく、汚れてしまった、古くなってしまったなどの部分を取り替える工事のことです。デザインを変えることもリフォームといえます。

 

 

どんなものがリフォームなの?

 

具体的には、どんな工事がリフォームとして分類されるでしょうか?建物のフレームを扱わない工事のことをさすようです。たとえば、壁紙を変える、床材を変える、ドアを変える、シンクを変えるなどです。このようなマイナーなチェンジのことをリフォームと呼びます。建物自体の価値や性能を高めるものではなく、やりかえるというニュアンスがあります。